格闘美 KAKUTOBI

格闘美 KAKUTOUBI OFFICIAL WEBSITE

HOME > 大会情報 > 試合結果・レポート一覧 > 格闘美〜Future〜

試合レポート
 
格闘美〜Future07〜
4月30日(月)新木場stRING (試合開始午後1時、観衆180人)
◆ League Princess公式戦 10分1本勝負
○大畠美咲<3点>(5分3秒、腕ひしぎ十字固め)大木香<3点>●
◆ Leagu Princess 公式戦 10分1本勝負
○松本浩代<7点>(6分21秒、ストマックバスター→体固め)柴雷イオ<0点>●
◆ シングルマッチ 20分1本勝負
○コマンド・ボリショイ(11分6秒、ボリショイ式ワキ固め)闘牛・空●
◆ タッグマッチ30分1本勝負
○渋谷シュウ&チェリー(14分22秒、ダイビング・セントーン→片エビ固め)市井舞&浦井百合●
◆ シングルマッチ30分1本勝負
○豊田真奈美(21分13秒、ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド)栗原あゆみ●
<大会レポート>
キムキョンが試合に入っておらず、客席で生観戦!

オープニング映像が終わるといきなり、木村響子の入場テーマが鳴り、キムキョンがリングに登場。ロープワークでやる気満々…と、前回も見たような光景が訪れた。キムキョンは試合が入っているとばかり、会場に来ると対戦相手がいなかったとぼやく。小林本部長は、前回の空同様に次回カードを用意すると示唆。するとキムキョンは客席で、観戦と相成った。

   
大畠がデビュー以来、初勝利をゲット!さらに、欠場中の風香を挑発!?

大晦日の「第4回ジュニア・オールスター戦」以来の再戦、大畠にとって初勝利をものにする機会が訪れた。大畠のコールと同時に、青と白の紙テープが乱れ飛ぶ。大畠は先制のドロップキック。トーキックやドロップキックで攻め込むなど、いつになく積極的に攻撃する。エルボー合戦も打ち勝つが、大木もマウントパンチから逆片エビ固め、キャメルクラッチ、串刺しキックと畳み込む。大畠も負けじとスモール・パッケージ、逆さ押さえ込み。大木はドロップキックの3連発から、回転エビ固めとフォールを狙う。大畠は一瞬の回転十字固めから、腕ひしぎ十字固めを掛けると、大木もたまらずギブアップ。大畠は念願の初勝利を奪い、その勢いでマイクを掴んだ。
「初勝利しました!初勝利ということで、テンションが上がっているので普段思っていることを言いたいと思います。風香さんなんですけど、いつまで休んでいるんだって言うことです。自分はいつでも風香さんと試合をしたいと思っているので、いつまでも休んでいたら、追い抜かしてしまうので。早く戻ってきてほしいです(場内から大きな拍手)。あとリーグ・プリンセスも2戦残っているので、両方とも勝って終わりたいと思います」と大胆発言した。バックステージでは「ライバルの大木からの初勝利で凄く嬉しいです。リーグ戦はこれで全部勝ちたいと思います。(風香については?)尊敬する先輩なので、早く帰ってきて、自分と試合をしてほしいです」と心境を語った。
   
   
松本が貫禄のパワー殺法で柴雷の空中技を完封し、リーグ戦トップに!

怪童といってもいい雰囲気の柴雷は、入場時に前転を公開。Vサインをしながら、リングに登場する。松本はタックルからボディシザースで絞り上げる。柴雷もマウントからのエルボー、松本は難なくかわすが柴雷は、ドロップキック…しかし松本の頑丈な体には通じない。松本はボディスラムから、ギロチン・ドロップ。柴雷は小刻みにエルボーを見舞うが、松本は微動だにもしない。柴雷はロープに走り、エルボー・アタックで松本をダウンさせる。そして側転のヒップアタックから、フェースクラッシャーと若さの勢いを覗かせる。柴雷はムーンサルトを仕掛けるため、コーナーに上がるが、松本はすかさずアルゼンチンで担ぎ上げようとする。これをかわすと柴雷は、逆さ押さえ込みの連発でフォールを狙う。そして619を炸裂させる。だが、松本には決定的なダメージにはならず、気合のタックル4連発!柴雷は何度もスクールボーイを狙うが、松本はバックエルボーからアルゼンチン背骨折り。そのままストマックバスターを爆発させ、完勝した。

   
   
空の癒しの時間はボリショイとの対決…だが、マスクウーマンの先輩に一日の長があり!

先週はカードに入っていなく憤慨していた空だが、今回から癒しのシリーズが始まった。試合前にボリショイが、キッドではなくコマンドであることに疑問を持った空は小林本部長にプチ抗議…ボリショイが出てくると、いきなり「格闘美にマスクマンは二人いらない!」と、どこかで聞いたことがある台詞を発言。ボリショイは「マスカラ・コントラ・マスカラやるか?」と言われると、「普通の試合でいいです…」と尻込みする。空はゴング前からスクールボーイで奇襲。空はタックルをするが、ボリショイはヘッドスプリングで立ちはだかる。空は角を駆使したり、コーナーで股間を締め上げようとするがボリショイは付き合わない。空はモーモーアタックを連発するが、コーナー最上段でボリショイのマスクを剥ごうとする。さらにミサイル・キックから「殺人ブレーン・バスター!」と予告しながら、スモール・パッケージを掛ける。サイド・ヘッドロックに取りながら空は、ぶつぶつと観客に挨拶し、ブレーン・バスターへ。ボリショイはこれをかわし、ボリショイ式ワキ固め。ミスティコの十八番技だが、これはボリショイがオリジナルだ。空はたまらずギブアップし、癒しの緒戦は敗退した。試合後、ぼやきまくる空だが、次回はカナダの人間山脈べネッサ・ザ・マウンテンと対戦決定。空はカナダの猛牛と、対決するが…

   
   
渋谷が乱戦をダイビング・セントーンで切り抜けた…

セミは新木場を主戦場とする渋谷、チェリー、市井、浦井の4選手によるタッグマッチ。4選手はクリーンに握手をしてスタート。市井はキック攻撃、チェリーはアグレッシブな攻撃。それぞれが様々な技の応酬を見せるが、なかなか決定打にならず。終盤、浦井はダブルリスト・アームサルト、ニーリフトを渋谷に見舞い、市井はカカト落とし。チェリーのジャーマンが浦井に決まり、渋谷はすかさずジャックナイフ。市井のキックが浦井に誤爆すると、渋谷がダイビング・セントーンできっちりフィニッシュを奪った。

   
   
格闘美のメインに女王初登場!20分を越える熱闘は豊田が栗原を制した!

風香不在の格闘美…今回はメインに栗原あゆみが抜てきされ、格闘美初登場のレジェンド豊田真奈美と一騎打ち。栗原はシングルのメインは初めてだったが、先に入場すると豊田の入場を急襲。豊田は「ふざけた真似しやがって!」とリングインするが、栗原はすかさずドロップキックで攻め立てる。さらにロープに豊田を貼り付け、お株を奪うように背中にドロップキックをぶち込む。逆エビ固めははね返されるとフィンガーロック。これは豊田が圧倒する。栗原はブリッジワークを見せるが、豊田は難なくキャメル・クラッチで自らのペースに持っていく。これから豊田の時間がやってくる。レッグロック、デスロック、鎌固め、弓矢固め、ダブルアームのスープレックスと波状攻撃。栗原はエルボーで反撃するものの、豊田はロープに貼り付けると強烈なドロップキックを栗原の背中に爆発させる。これには栗原も場外に転落するほどの強烈さ。栗原はアキレス腱固めを掛けるが、豊田は逆にアキレス腱で締め上げる。豊田の真骨頂と言うべき負けん気ぶりを見せたが、ミサイル・キックで栗原を吹っ飛ばすが…栗原はランニング・ネックブリーカーで反撃。なおも、腕ひしぎ十字で締め上げる。これは思わずピンポイントとなり、そしてアーム・ブリーカーと腕狙いに出た。豊田は一瞬のビッグブーツで逆転すると、グラウンドのスリーパー。栗原はもがくと、時間は15分を経過する。豊田は場外に転落すると、栗原はプランチャ・スイシーダで宙を舞う。リングに戻ると栗原はミサイル・キック。しかし豊田は仁王立ちし、ジャパニーズ・オーシャン・ドロップ・ホールド。間髪入れずムーンサルトを掛けるが、栗原はかわし再びランニング・ネックブリーカー。ダイビング・プレスは失敗するが、豊田のサイクロンをはばみ、ミサイル・キックからタイミングよく裏投げを炸裂させる。豊田はこれを返すとジャーマンの連発。20分を越える熱闘は、栗原が張り手をかますが豊田は、ジャパニーズ・オーシャン・クインビー!さらに豊田はジャパニーズ・オーシャン・サイクロンまで出し、闘いに終止符を打った。
バックステージで豊田は「栗原、元気がいいですね!私はあまり栗原の試合を見たことはなかったんですけど、先日、(地方巡業で)一緒になることがあって、いろいろ話したんですけど…今日は全然、ひるむことなく思いっきり来たんじゃないかと、でも、まだまだ詰めていくところがあるんじゃないかと思いました。(格闘美での試合は?)初めてですね。みんな、もっと騒いでほしいと言うか、大人しかったので…もっと栗原をいじめたほうがヒートしたのかなあ…でも楽しかったですね。(次回はタッグで参戦)今度は栗原とタッグを組んで。先日の(地方の)3連戦でタッグを組んでいたので、いい連係が出せろかもしれないですね。私は何試合か見ていて、渋谷は凄くいい選手だと思う。あと夏樹も元気がある子なので、次も楽しみです」と余裕で。一方の栗原も「憧れてみていた選手と同じリングに立てるのは夢見たいだったんですけど、やられる前にやってやろうと攻めていったんですけど…豊田選手のドロップキックに憧れていたので。元気だけが取り柄なので、技もあまりないので、元気だけは、やる気だけは負けないように。(次回は豊田とのタッグだが)地方巡業でずっと豊田さんと組ませていただいたので、連係を考えて生きたいです。」と心強く意気込みを語った。

   
   
   
 
created by Global Manpower